【赤ちゃんグッズ】産まれてから1歳半の今でも現役のモノ精鋭4選

子育てグッズ

こんにちは、うづきです。

今回はわたしの子育てにおいて絶対に外せない、これがなかったら不便すぎる!って程気に入っているモノを4つご紹介します。

うづき的精鋭メンバー4

  • 綿棒
  • ピンセット
  • ベビークリーム
  • ベビーシャンプー

言わずと知れた赤ちゃんならどれも当たり前に使うモノたちですが、当たり前に使うモノだからこそ厳選してお気に入りのモノを使う。きっとわたし

と同じようにこだわっているお母さん多いのではないでしょうか。

綿棒【コットンズー 赤ちゃん綿棒 ごくぼそ 水滴型】

好きなポイント

お気に入りポイントは細さです。極細。

Amazonで簡単に買える。近くのドラッグストアも西松屋もここまでの極細が売っていません。

赤ちゃんの小さい鼻・耳の穴にちゃんと入ってしかも取れる。寝ている時にこどもの鼻掃除するのが大好きです。いっぱい取れるとこっちがすっきりする。

わたしは今のところ鼻水吸引器を使う予定がないので(医師にいらないんじゃないかなぁと言われて買うのやめた)鼻が詰まった時は綿棒とあとでご紹介するピンセットで対処しています。

気になったポイント

柔らかいので力を加えるとすぐ曲がります。

口コミにもそこが使いづらいとおっしゃっている方いました。

価格が高いですね。他にも細い綿棒いっぱい売っていますが、多分この綿棒高い部類です。

あと、細すぎなので綿棒の先にもっと綿つけてほしい、怖くて使えない。赤ちゃんに使う以外の用途(特に多かったのが電子タバコの掃除用)で使用している。などの意見がありました。

ピンセット【ピジョン ベビー ピンセット】

好きなポイント

もっと早くに買えば良かった!と買った日に後悔した商品です。

パッケージに「赤ちゃんのハナとりなどに」と書かれているとおり我が家でもハナとり時に使用しています。まー取れる。

先が丸くなっていることで安全にでもしっかりとれます。買って大正解。

綿棒だけでは取るのに限界があるので、綿棒である程度剥がし掻き出してそれをピンセットで引っ張出す。取るのもきれいになった鼻を見るのも最高に気持ちいいのでほぼ毎晩やってます。

気になるポイント

かなり気に入っているのであまりないのですが、強いてあげるならこどもが噛んだり広げたりして挟む力が弱くならないか心配なのと、いろんなメーカー種類があるので、もしかしたら他のもでも問題ないのかもしれない。でも買い替えるとしてもまたこちらを買います。それぐらいお気に入り。

ベビーローション【ジョンソン ベビーローション 無香料 300mL】

好きなポイント

産まれてから今日まで使っています。助産師さんにも『どこのでもいいよぉ』って言われたし。(プロの言うこと鵜呑みにしがち)

塗った時はわりとベタベタしますが、伸びがいいので塗りやすく保湿されてるなって感じますしベタベタも消えるの早いです。

低刺激でパラベンフリーと書いてあるので信じています。どこにでも売っているので無くなりそうと思ったらすぐ買いに行けるのが便利です。

気になったポイント

ボトルの同じとこを押してクリームを出しているとそこの部分が凹んで段々使いづらくなる。

無香料以外のは個人的に大好きな匂いですが、こどもに使うには匂いがきつすぎました。ずっと匂いが残っていて、こどもは全然平気な顔してましたが本当に大丈夫なのか心配になったのでやめました。

ボディソープ【arau. アラウベビー 泡全身ソープ】

好きなポイント

洗いあがりがさっぱり

以前、流し切れてないのではと不安になるほど洗いあがりがツルツル滑るボディソープを使ったことがあります。

保湿効果は高そうですが、何度もお湯かけたり抱っこする時毎回滑ってビビりました。

それ以来現在までずっとアラウを使っています。

ほんのり良い香りがするのも好きです。

気になったポイント

泡が軽い?水分が多い?頭洗うのに2,3プッシュ、体洗うのに4,5回プッシュします。そんなもんなんかな?

この前自分の洗顔に使ってみたら目に沁みた!!え、痛い!全然知りませんでした。一時こどもがシャンプー嫌がった時期があり、もしかしてこれが原因と違うんかなって気がしました。

下を向いてお湯かけるスタイルで頭洗うお子様には注意が必要です。

まとめ

この4つには随分とお世話になってます。

それぞれ気にいってずっと使っているモノですが、月齢やこどもの肌、コンディションなど今後目まぐるしく変化していくなかでその時に合わせて使うモノも変化すると思います。

実際今回の内容をまとめるにあたり改めて調べたら、他にもいっぱい種類があって「あ、こっちもええかも」ってちょっと気持ち揺らぎました(笑)

口コミも様々で、わたしみたいなヘビーユーザーは少数派かもしれませんが本当に普段から使っているのでリアルな感想になります。

今回ご紹介したモノを使おうか迷っていてこれを読んで少しでも参考にしていただけたら幸いです。こどもと触れ合いながらお子さんに合うモノをぜひ見つけてくださいね。